オーディション

舞台2.5次元‼️ LEIDENダークエネルギーお笑い戦争

舞台2.5次元‼️ LEIDENダークエネルギーお笑い戦争

舞台2.5次元‼️ LEIDENダークエネルギーお笑い戦争オーディション | 株式会社エンタグレースターズ  | エンターティメントの美の男女(め)神を追求するスターを育てる!

舞台2.5次元‼️ LEIDENダークエネルギーお笑い戦争 出演者募集

*舞台2.5次元‼️ LEIDENダークエネルギーお笑い戦争 出演者募集
*舞台・映画 出演者募集‼️ 新人歌手 Super Dark Leiden Girls

公演概要

【日程】2023年5月17日~2023年5月21日 / 映画製作 映画クランクイン6月末日~
【舞台名】舞台2.5次元‼️ LEIDENダークエネルギーお笑い戦争
【監修】中川裕季子 (社)中川三郎スタジオ
【本番公演日】2023年5月17日~2023年5月21日
【劇場】新宿シアターモリエール(客席最大160人) 【歌い手】E-POP(SLG)(スーパーライデン)

プロットあらすじ

2122年大都会TOKYOのすぐ隣り、SHINJUKU-TERMINALからわずか一駅のところにある「なかの」。
どことなく懐かしい雰囲気の漂うこの地に、古くから幽霊伝説のある「哲学堂」というお堂が存在している。
「夜な夜な異形の者たちがあつまり宴を繰り広げている」「毎月寅の日に鬼が現れる」など、心霊スポットとしても有名な場所である

ある日、地元の女子高生3人組(小波来桜・竜水里琴・上羽れんげ)が肝試しをしに哲学堂にやって来る。恐る恐る哲学堂に近づく3人。すると、突然空に雷雲が立ち込め、雷が3人を直撃した。その場に倒れ込む3人。ところが3人とも怪我ひとつ無く、その手にはそれぞれ何かの文字が書かれた札が握られていた。そして、その様子を雑木の陰から覗いていた男 (ジーター)がいた。ジーターは雷に打たれにもかかわらず傷ひとつ追わない不思議な3人に興味を持つようになる。
実は、この哲学堂は、地球のエネルギーの通り道である光脈の上に建っており、エネルギーが湧き出す光脈口なのであった。そのエネルギーを異星人が狙っており、頻繁に異星人たちがやってくるのだが、ジーターは人知れず、異星人たちから 哲学堂の光脈口を守っていたのだ。

一方、自宅に戻った3人はそれぞれ、親に今日あったことを話したが、3人の親たちは驚くというより焦った表情を見せる。親たちは実は、遥か彼方の惑星「サフィーナ」からやってきた異星人だった。サフィーナ人たちは「Xトンガ」と言われる宇宙侵略勢力に侵略され、故郷を捨てて地球に避難していた。それだけではなく、実は地球には何百年も前から光脈エネルギーを手に入れようとするスペースエネルギーハンターや宇宙難民たちが地球人のふりをして暮らしていたのだった。
そんな異星人たちの生命エネルギーとなっているのが光脈エネルギーであり、それを補給に来ていた異星人たちを見たなかの区民たちが幽霊や妖怪と勘違いしていたのだった。そして、そのXトンガが次の標的にしているのが地球なのであった。 その事実を告げられた来桜・里琴・れんげの3人にさらに衝撃的な事実が告げられる。来桜たちが握っていた札のようなも のはライデンガールという戦士の印であり、その印を手にしたものはライデンガールに変身できる能力を身に着けるというものだった。

かくしてライデンガールのララ・リュウコ・パピヨンとして地球を、哲学堂を極悪非道のXトンガから守ることになった来桜・里 琴・れんげたち。果たして守り切れることができるのか?
そして、ジーターはなぜララたちの味方をするのか?
ララたちのピンチに現れた神サフィーナとは一体何者なのか?
コマンド戦士とは?
地球軍は役に立つのか?
なかの区民の反応は?
なかの区長の決断は・・・。
刻一刻と地球(なかの)に迫りくるXトンガの脅威。

なかの区を舞台に繰り広げられる(とはいってもすべてなかののみで繰り広げられる)、笑いあり、アクション(風なやつ)あり、中野区情報あり、涙・・・はあるかもしれないSFアクション!(コメディー多め)

プロットあらすじ

2122年大都会TOKYOのすぐ隣り、SHINJUKU-TERMINALからわずか一駅のところにある「なかの」。
どことなく懐かしい雰囲気の漂うこの地に、古くから幽霊伝説のある「哲学堂」というお堂が存在している。
「夜な夜な異形の者たちがあつまり宴を繰り広げている」「毎月寅の日に鬼が現れる」など、心霊スポットとしても有名な場所である

ある日、地元の女子高生3人組(小波来桜・竜水里琴・上羽れんげ)が肝試しをしに哲学堂にやって来る。恐る恐る哲学堂に近づく3人。すると、突然空に雷雲が立ち込め、雷が3人を直撃した。その場に倒れ込む3人。ところが3人とも怪我ひとつ無く、その手にはそれぞれ何かの文字が書かれた札が握られていた。そして、その様子を雑木の陰から覗いていた男 (ジーター)がいた。ジーターは雷に打たれにもかかわらず傷ひとつ追わない不思議な3人に興味を持つようになる。
実は、この哲学堂は、地球のエネルギーの通り道である光脈の上に建っており、エネルギーが湧き出す光脈口なのであった。そのエネルギーを異星人が狙っており、頻繁に異星人たちがやってくるのだが、ジーターは人知れず、異星人たちから 哲学堂の光脈口を守っていたのだ。

一方、自宅に戻った3人はそれぞれ、親に今日あったことを話したが、3人の親たちは驚くというより焦った表情を見せる。親たちは実は、遥か彼方の惑星「サフィーナ」からやってきた異星人だった。サフィーナ人たちは「Xトンガ」と言われる宇宙侵略勢力に侵略され、故郷を捨てて地球に避難していた。それだけではなく、実は地球には何百年も前から光脈エネルギーを手に入れようとするスペースエネルギーハンターや宇宙難民たちが地球人のふりをして暮らしていたのだった。
そんな異星人たちの生命エネルギーとなっているのが光脈エネルギーであり、それを補給に来ていた異星人たちを見たなかの区民たちが幽霊や妖怪と勘違いしていたのだった。そして、そのXトンガが次の標的にしているのが地球なのであった。
その事実を告げられた来桜・里琴・れんげの3人にさらに衝撃的な事実が告げられる。来桜たちが握っていた札のようなも のはライデンガールという戦士の印であり、その印を手にしたものはライデンガールに変身できる能力を身に着けるというものだった。

かくしてライデンガールのララ・リュウコ・パピヨンとして地球を、哲学堂を極悪非道のXトンガから守ることになった来桜・里 琴・れんげたち。果たして守り切れることができるのか?
そして、ジーターはなぜララたちの味方をするのか?
ララたちのピンチに現れた神サフィーナとは一体何者なのか?
コマンド戦士とは?
地球軍は役に立つのか?
なかの区民の反応は?
なかの区長の決断は・・・。
刻一刻と地球(なかの)に迫りくるXトンガの脅威。

なかの区を舞台に繰り広げられる(とはいってもすべてなかののみで繰り広げられる)、笑いあり、アクション(風なやつ)あり、中野区情報あり、涙・・・はあるかもしれないSFアクション!(コメディー多め)

オーディション募集要項

募集要項をよくお読みになりご応募下さい。

応募資格

16歳~50歳位迄の健康な方。やる気があり稽古、本番共に日程調整が可能な方。

優遇

アイドル好きな方、歌が好きな方、ダンスが好きな方、アクション・アクロバットができる方、殺陣ができる方。
※実力者優遇(場合によりノルマ無し)
俳優・ユニット活動を望む人プロダクション所属者でも応募可能です。

応募締切

2022年12月20日〜2023年2月10日まで
※お早めのご応募お願いします。

面談場所

面接場所:
東京都中野区本町4-43-15-B1 「劇場 ビット」
最寄り駅:
丸の内線 新中野駅 3番出口右 鍋屋横丁通り沿い(新中野駅到着後電話下さい)
連絡先:03-6382-6556
メール:aud@e-gs.jp

製作委員会

監修:
一澪かずや(作詞家・作曲家・・・) 企画・制作:
『2.5次元 LEIDENエネルギー宇宙戦争製作実行委員会』 企画プロデューサー:
一澪かずや 原作 :
森下晴翔 制作:
82一株式会社 運営会社
 (株)EGS 協力/
(社)中川三郎スタジオ/社団法人銀河鉄道999α/マンガスクール中野/川上祥登

出演迄の流れ
  • 一次審査(合格者のみメールの返信を致します)
  • オーディション
  • 面談(契約など)
  • 出演決定

応募フォーム

    お名前必須

    ふりがな必須

    芸名

    身長必須

    cm

    体重必須

    kg

    スリーサイズ

    Bcm
    Wcm
    Hcm

    足のサイズ

    cm

    生年月日必須

    年齢必須

    性別必須

    男性女性

    メールアドレス必須

    活動・経歴など

    ※PRできる経歴など

    ※YoutubeなどのURLでも可

    住所必須



    添付ファイル必須


    ※上半身と全身の写真を各1枚以上
    ※歌手志望の方は歌入りの楽曲を添付ください(MP3など)
    次の確認ページでご添付ください